フォローマティックXYの凍結対策について

フォローマティックXYにはどんな凍結対策が施されているのか?

 

フォローマティックXYは、利用者のツイッターアカウントが凍結されないように特別な対策が施されています。ただ、開発の柏木さんは、この凍結対策については「企業秘密」ということで一切公開をしていませんが、ある程度は推測できます。

 

フォローの間隔が常に一定じゃない

 

これまでにも多くのツイッターツールが販売されていましたが、その多くはフォローを一定のリズム(例:10秒間隔でフォロー)でしかできないため、ツイッター側からツールでフォローしていることがバレしまい、市場から撤退を余儀なくされました。しかし、フォローマティックXYは2012年の発売当初から現在まで、使えなくなったことは一度もありません。その鍵を握るのはフォローの間隔だと思われます。当たり前の話ですが、手動でフォロワー増やそうとしたら、フォローをする間隔は一定にはなりません。フォローマティックXYを使った場合、フォロー間隔は一定ですが、途中で休憩を入れることができます。例えば、15秒間隔でフォローを行い、30フォローしたら5分休憩、みたいに何時間も一定にリズムでフォローをすることがないので、ツールでフォローをしていることがバレにくいのです。

 

凍結を100%防ぐことはできない

 

万能ツールと言われているフォローマティックXYですが、残念ながら100%の確率で凍結を回避することはできません。10のアカウント持っている場合、その中の1つがある日突然凍結されてしまう・・・なんてことも出てくるでしょう。大切なのは、1つのアカウントが凍結されても気持ちを切り替えて、新たにアカウントを取得することです。これはサイトアフィリにも言えることですが、稼げるアフィリエイターは、狙ったキーワードで上位表示できたサイトがある日突然圏外に飛んでしまった・・・場合でも、気にせずに新しいサイトを作りづけています。手法と問わず、アフィリエイトで稼ぐためには気持ちの切り替えが必要なのです。

 

フォローマティックXYの公式サイト